3つある免許の取得方法の相違点

自動車免許を取得する方法は大きく分けて3つあります。どの方法を選択するかは、費用や時間を考慮して決めていくことが重要となります。

通学免許について

通学免許とは、自動車教習所に通いながら免許を取得する方法です。座学と実技の2つを自動車教習所で学んでいきます。また、第一段階と第二段階に分かれてカリキュラムは組まれます。第一段階は教習所内を運転して、基本的な運転スキルを身につけるよう設定されたものです。第一段階の学科と実技が終了すると、仮免試験を受験することができます。その試験に合格すると、路上で教習できる権利が与えられ、第二段階へ進みます。第二段階が全て終われば卒業検定を受検し、合格後に免許センターで本免試験が受けられるようになるのです。

通学免許に要する時間は人によって大きく違いが見られます。約1ヶ月間ですぐに終わらせる人もいれば、半年以上時間を要する方もいるでしょう。通学免許の場合はじっくりと学べる上に、自身の都合によって時間を調節できるというメリットもあります。通学免許にかかる費用は、じっくりと知識や技術を磨いていくため、他の2つと比べて最も高いです。初期費用で30万円程度のお金がかかる場合もあるので、どうしても余裕が無い方は他の方法を取ることも考えておいた方が良いでしょう。

合宿免許について

合宿免許は、一定期間でまとめて免許取得に必要な知識や技術を学ぶスタイルです。スムーズに進めば、AT車の場合は14日間、MT車の場合は16日間で免許を取得することができます。学科は1日3時間、実技は1日2時間というスケジュールで仮免まで進み、第二段階以降は実技が1日に3時間受けられるようになります。遅刻や寝坊によって、学科及び実技が受けられずに追加料金を支払わなければならないこともあるので、生活や健康管理には注意が必要です。

合宿免許の大きなメリットとしては、通学免許の場合と比較して、費用が大きく抑えることができるという点です。また、取得期間も短いため、集中して免許を取得したい方にとっては最適な手段となるでしょう。しかし、免許を取得するまでのおよそ2週間は基本的に拘束されてしまいます。予定を入れることもできなくなるので、今後のスケジュール等をしっかりと確認していきながら検討することが必要不可欠となります。

一発試験について

自動車教習所には通わず、一発試験で免許を取得してしまうといった方法もあります。この方法は、他の2つと比べて費用や取得期間を大幅に抑えることができます。仮免試験と本免試験それぞれ学科試験、技能試験を受検するという流れです。運転に対して余程の自信があれば、一発試験に合格する手段を選ぶというのも1つの方法と言えるでしょう。しかし、基本的に自学で試験に臨まなければならないので、試験合格は容易ではありません。一発試験を受けるのであれば、自分自身にどこまでの運転に対する知識や技術があるかを客観的に分析していくことが必要です。

免許の取得方法を選ぶ際には

どの取得方法にも、一長一短があります。大切なのは、どの方法が自分に合っているかを調べることです。しっかりとリサーチして、気持ちよく免許取得に臨めるよう心がけていきましょう。

投稿を作成しました 15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る