高校生でも合宿免許が利用できるのか

高校生になってから自動車やバイクの運転免許を取りたいと考える人も多く、長期休暇を利用して合宿免許を利用したいと考えている人も少なくありません。今回はそんな高校生の合宿免許に関するあれこれを紹介します。

高校生でも合宿免許は利用できる?

一般的に運転免許を取得できる最低年齢は、バイクなどの普通二輪であれば満16歳から、そして普通車や準中型、大型二輪の場合は満18歳から取得できるとされています。このため自動車教習所ではこれらの年齢に達していることが入校条件とされていて、合宿免許の場合も普通車や準中型の場合は終了検定までに、またそれ以外の運転免許は卒業検定までにそれぞれの年齢に達していることが入校条件です。つまり高校生の場合は普通二輪の合宿免許の場合は16歳から、それ以外は18歳からであれば合宿免許を利用することができます。

ただここで注意しておかなければいけないのは、通っている高校の校則などによっては入校できる年齢に達しても合宿免許や自動車教習所に通える条件が異なっている点です。内容次第で通えないこともあるので、事前に高校側に確認や必要なら申請をしておくことが大切になります。

高校生で合宿免許を利用するメリット

高校生で合宿免許を利用するメリットとしては、費用が安く抑えられているので通いやすい点や卒業旅行に利用できる点が挙げられています。合宿免許はまとまった期間で運転免許の取得を目指すことができるだけではなく、最初に費用を支払う以外に追加料金が発生しないという特徴を持っています。通学免許の場合は教習を延長したり検定に不合格だった場合の再検定で追加料金がかかることが多いため、安く済ませたいという場合には合宿免許の方を選ぶのも手です。また、高校生のうちに合宿免許に申し込むと、学割プランがあったりと、費用がお得になる場合もあります。

さらに、合宿免許は複数人で申し込むことも可能なので、友達と一緒に参加することができます。実は合宿免許の宿泊施設は観光地に近いところが多く、教習時間以外は自由に過ごしている人が多いです。そのため教習時間以外は観光地を巡ったり友達と遊ぶことで、ちょっとした卒業旅行を楽しめるようになっています。

高校生で合宿免許を利用するデメリット

高校生にとってメリットがある合宿免許ではありますが、デメリットもあります。実は合宿免許を実施している自動車教習所は全国でも限られているので、合宿免許を実施している自動車教習所から遠いところに住んでいる場合は交通費の負担が大きくなります。合宿免許そのものにかかる費用は安く抑えられるので通学免許よりは安価で済むものの、一度にまとまったお金が必要となる人もいるので注意が必要です。また普通二輪以外の運転免許証は満18歳以上にならないと取得できないため、誕生日によっては就職活動のシーズンと被ってしまう人もいます。

合宿免許は通学免許のように自宅から通うのではなく用意されている宿泊施設に泊まる形になるので、就職活動の時期と被ってしまうとどちらかを優先しなければいけません。スケジュールによってはかなり厳しくなるという人も出てきますし、合宿免許を利用する場合はまとまった期間を空けておかなければいけないという点はデメリットになる場合もあります。

ある程度自由が利く高校生だからこそ合宿免許が便利

このように高校生は満16歳もしくは満18歳以上で合宿免許に参加することができるようになっており、メリットもデメリットもあります。ただまとまった休みがとりやすく就職活動でも有利になりやすいからこそ、高校生で合宿免許を利用することが推奨されています。

投稿を作成しました 15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る