飲酒運転の基準はどこから?

合宿免許で運転免許取得!その後、あなたが注意をしなければならないのはやっぱりアルコール摂取の運転でしょう。そんなことするはずないと言えば、話しは簡単なのですが。

やっぱり意思の弱い人たちが飲酒運転などしてしまうのかもしれません。注意しましょう。

飲酒運転は相当リスクありです。

飲酒運転の基準はどこから?

そもそも、どこからどこまでが飲酒運転なのでしょうか。ひょっとしたらこの程度飲んだ程度では許されるという線引きも存在しているのでしょうか。そうではありません。

あなたは、酒酔い運転と酒気帯び運転の違いがどこにあるのかご存じでしょうか。酒酔い運転&酒気帯び運転、両方とも頻繁に聞く言葉であり同じ意味と思っている人たちもいるかもしれませんが。

酒気帯び運転とは、呼気(吐き出す息のことです)1リットル中アルコール濃度は0.15mg以上検出された状態のことです。

酒気帯び運転という方々は、アルコール摂取しているものの、自分は全然酔っていないと主張したりするケースもあります。意識もある程度しっかりしていたりします。

そして、酒酔い運転とは、まっすぐに歩けないとか、受け答えが変といった客観的に見ても酔っている状態のことを言います。

このような人たちは、警官とのやりとりもべろべろで全然出来ていない状態だったりします。

酔い程度が最悪の酒酔い運転のほうが、処分の糧が大きいということになります。

運転している本人以外の人たちにも罰則が

アルコール摂取で罰則を受けるのは、運転している本人以外の人たちに対してもです。ですから、アルコールは相当厳罰といういい方が出来るでしょう。

そもそも飲酒運転なんて、100%誰でも回避することができる問題です。でも、敢えてしない人たちってどのような人たちなのでしょうか。滅茶苦茶、今更運転に対しての認識の仕方が甘く、そのような人たちはやっぱり厳罰になっても仕方のない人たちなのかもしれないですよね。

非常に飲酒運転とは身近な問題であり、飲酒運転程度でこんなに罪が重すぎではないか……と考える人たちもいますが、決してそういう問題とも違うはずです。

運転している人の場合、酒気帯び運転は3年以下の懲役又は、50万円以下の罰金です。酒酔い運転では、5年以下の懲役又は、100万円以下の罰金です。

また、行政処分において、呼気1リットル中のアルコール濃度0.15ミリグラム以上0.25ミリグラム未満のケースは13点、免停90日。呼気1リットル中のアルコール濃度0.25ミリグラム以上のケースは、25点、免許取り消しです。(欠格期間2年)

酒酔い運転は35点です。免許取り消し(欠格期間3年)。

運転者が酒を飲んでいると知りながらも、そのクルマに同乗した人には以下の罰則があります。

ドライバーが酒気帯び運転の場合、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金。ドライバーが酒酔い運転の場合は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です