運転免許の暗証番号は何のためにあるのか

合宿での運転免許取得。本当に運転免許証をもらうことって嬉しい瞬間ですよね。

そして運転免許更新、運転免許証をまじまじと見れば、いろいろわからない謎が……。

運転免許証には、暗証番号がありますが、なんでそのようなものがあるのでしょうか。今回、そのような問題をピックアップしました。

運転免許証の暗証番号とはなんだ?

運転免許証更新のときには、暗証番号を4桁の数×2、8桁の数字を設定するように言われたりします。

そのとき、暗証番号ってなんだ……という不思議に気持ちにもなってしまうのではないでしょうか。

普段、決して暗証番号を使うこともありませんので、そのようなものに対して決めた暗証番号って忘れてしまうかもしれませんし、不安ですよね。

運転免許証の暗証番号の意味

平成21年1月4日から、運転免許証がICカード化されたことによって、暗証番号の設定もスタートすることになりました。

IC運転免許は、紛失や、盗難時に、また偽装・変造の防止に役立たせることができ、以前の運転免許証よりは全然すごい!と思うはずです。

もしも運転免許証を変造されたとしても、記載データと、ICチップの中のデータが違ってしまえば、すぐに偽物!だということがわかりますよね。

運転免許証の暗証番号によって、暗証番号4桁では、氏名・住所・免許番号など(本籍・顔写真以外)の運転免許証についての情報をチェックすることができます。また、暗証番号8桁までで、本籍・顔写真の本人確認情報をチェックすることができます。

暗証番号は4桁の数字の2組み、全部で8桁を任意で設定します。

運転免許証の暗証番号はどのようなとき必要なの?

運転免許証の暗証番号はどのようなとき必要になって来るのでしょうか。普段、暗証番号を使用するということがないようですが、在日米軍施設や、自衛隊関連施設(駐屯地)に業務などで一般人が入るというケースでは、本人確認のために暗証番号の中の部分まで使用されることになります。

暗証番号を忘れてしまった

でも、運転免許証の暗証番号は普段使わないのでやっぱり忘れてしまうかも……という不安を多くの人たちが抱えていたりします。

暗証番号の照会については、本人が免許証を持参して、「運転教育センター」、または「警察署交通課」の窓口に行くことで、照会はすることができます。

また、個人情報保護が存在しているため、暗証番号は電話で気軽に教えてくれるというものではありません。更新や、再交付で運転免許証の交付を受けるときには新しい暗証番号ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です