運転免許の再取得について

合宿免許で運転免許取得!いろいろ運転していると、わからない問題も出て来るでしょう。

わからない問題は、人に聞くなりして即解決しましょう。

果たして、運転免許再取得の方法はどうすればいいのでしょうか。今回、わからない人たちのため、運転免許再取得の方法などアドバイスしましょう。

運転免許の取得はムーチョで

運転免許再取得の方法

運転免許再取得の方法は、失効してからの期間や免許の区分・種類によって違いがあります。今回、免許の有効期限が切れてしまい6ヵ月以内の場合を想定しました。

運転免許再取得の場所は、警察署はNGであり、運転免許試験場・運転免許センターへ行くことになります。

実際に都道府県によって違いがありますので、行かれる前には、
運転免許試験場・運転免許センターで確認してください。

運転免許再取得に必要な書類

運転免許再取得に必要な書類は、 失効した運転免許証(有効期限が切れてしまった運転免許証です。)、本籍が記載されてある住民票、また申請用写真(縦3.0cm、横2.4cmのサイズ)

やむを得ない理由(入院証明書・診断書等)を証明する書類、そして、手数料です。

失効して6ヵ月以内の人であれば5,000円あたりです。

住民基本台帳法の適用を受けていないという人たちは、旅券等提示と、寄宿先の世帯主、ホテルの支配人の証明と言った、免許申請の場所に滞在していることを証明する書類が要求されることがあります。

運転免許の再取得の流れ

更に運転免許再取得の流れについてもざっとお話ししておきましょう。いちいち運転免許試験場・運転免許センターへ行かなければならない訳ですが、遠方という方々もいらっしゃることでしょう。

しかし、運転免許試験場・運転免許センターへ、クルマを運転して行くというのは最悪のシナリオです。呉々も注意してください。

運転免許再取得のケースでは、運転免許更新とは意味合いが違い、いつでも行けば受付してもらうことができるという類ではありません。ですから、あらかじめ手続きすることができる時間をチェックしておくことも大事です。

まず、運転免許センターにおいて、運転免許証返納届、アンケート、講習調査票などの書類を作成し、手数料を支払いして、 適正検査(視力検査)を受けます。

受付してもらって、2時間程度もの講習を受ける必要があります。

そして写真撮影をして、新しい運転免許証を発行してもらうことになります。

運転免許再取得の場合、「青色免許」であり、次回の更新は3年後です。ゴールド免許の引継はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です