普通自動車免許を取得するのは難しくない!

普通自動車免許を持っていれば、自動車の運転をすることができます。身分証としても有効で社会人として持っていて損はない普通自動車免許。どういった流れを経て取得するのか、みていきましょう。

普通自動車免許はどうやって取得するの?

普通自動車免許を取得するための方法はいくつかあります。一般的なのは、公安委員会が公認している自動車学校に通い試験を受けて卒業後、運転免許センターで筆記試験を受けて合格する方法です。その他、指定外の自動車学校に通った場合や独学で勉強する方法もあります。この場合は運転免許センターで、実技と筆記の試験に合格する必要があります。

普通自動車免許を取得するときの流れ

自動車学校は沢山あります。予算や立地、取得期間を考慮しながら、目的に合った取得計画を立てましょう。一般的な自動車教習所を利用したときの取得までの流れを紹介します。

自動車学校を決定したら、入校手続きを行います。必要書類と納入金を提出し、入校が許可されると授業の予約の取り方などの説明を受けます。学科と実技が両方あるので、効率よく時間割をこなしていきましょう。学科では自動車に関する基礎知識や交通ルールに関することを学びます。実技では教習所内で実際に自動車を動かします。第一段階の教習を終了すると、仮免許が発行されます。第二段階の技能教習では実際に公道へ出て運転技術を学びます。

本免許学科試験と卒業検定を合格すると卒業資格を取得することができます。必要書類をそろえて、運転免許センターでの適性検査と本免許試験に挑みます。受験した当日に合否がわかり、合格した人に即日運転免許証が発行されます。

普通自動車免許を取得するためのコスト

普通自動車免許の取得のためにかかる費用は、地域や学校によって若干異なります。免許の種類にもよりますが、普通自動車免許では15万円から35万円程度が相場となっています。再試験を繰り返した場合には別途追加の試験料金が掛かります。また、運転免許センターでの申請や試験にかかるお金も別に用意しておく必要があります。

通所タイプの自動車学校が一般的ですが、合宿免許を利用する人も増えてきています。低価格・短期間での免許取得が可能となるので、都合が合う人には効率的に免許取得しやすいようです。また、学割や紹介割引など各種割引を実施している自動車学校もあるので、申込前にしっかり確認してください。

普通自動車免許は更新が必要な免許です。運転状況や事故の有無によって年数は変わりますが、数年に一度更新する必要があります。取得後は失効に注意しましょう。

普通自動車免許を持っているとできること

自動車を持っていなくても、時間があるなら普通自動車免許を取得しておくとよいでしょう。普通自動車免許は国家資格なので、身分証として使用することができます。実際、身分証として運転免許証の提示を求められることは多々あります。自動車を持っていなくても、いざという時にはレンタカーを利用することも出来ます。履歴書に書ける資格ですし、自動車を運転出来るということは、選べる仕事の幅がぐんと広がります。

運転免許の取得は難しくない!

普通自動車免許は難易度の低い国家資格です。履歴書欄にも書け、持っていて邪魔になりません。合宿免許も利用しながら、お得に普通自動車免許を取得してみてはいかがでしょうか。

投稿を作成しました 15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る