大学生が免許取得するなら合宿免許がおすすめ

運転免許は大学生のうちに取りたいと思っていても、合宿と通学のどちらが良いか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。ここでは、合宿で免許を取得するメリットや参加する時期について紹介していきます。

合宿で免許取得を目指すメリット

合宿免許は2~3週間程度の間、合宿施設に滞在しながら教習を集中的に受けて免許取得を目指すものです。合宿免許のメリットとしては、短期間で免許が取得できることが挙げられます。免許の種類によって期間は異なりますが、普通車AT限定なら最短14日間で取得可能です。教習スケジュールが決まっているために、教習所の予約が取れないような心配はありません。また、合宿免許は免許取得までの費用が安く済むメリットもあります。合宿免許は効率よくスケジュールを組んで行うので、多くの教習生を受け入れられるために費用が安くなっているのです。教習所によっては、交通費を負担してもらえるケースもあります。

合宿施設は地方にあることが多く、ちょっとした旅行気分が楽しめるのも魅力です。合宿中は一日中教習を受けるわけではなく、空き時間もあります。その間に周囲を散策したり、観光スポットに足を運んだりするなど、その土地ならではの体験ができるでしょう。教習所の中には、地元のグルメやレジャー施設などを楽しめるサービスが付いてくる場合もあります。合宿免許には各地の大学生が集まるので出会いがあるのも特徴です。免許取得という同じ目的があるので仲良くなりやすいです。2週間程の期間があるので会話のチャンスも多く、恋人を作ることができるかもしれません。

合宿で免許取得を目指すデメリット

合宿免許のデメリットは、まとまった休みが必要になることです。大学生なら夏休みや春休みなどの休暇を利用すれば問題にならないでしょう。しかし、アルバイトをしている大学生は休まなければなりません。合宿を受けるのならバイト先にできるだけ早く伝えておくのが大切です。そうすれば、スケジュール対応もしやすくなるので、周囲からの理解も得られるでしょう。また、合宿は地方で行うことが多いので、都会の道路を走った時に戸惑いやすいのも注意点です。合宿で運転する道路は広くて交通量が少ないので安心できますが、交通量がある道路を運転する機会は少ないです。そのため、合宿を終えた後に路上駐車があったり、自転車も多く走っていたりするような都会の道路を運転しようとすると対応に困ってしまう可能性があります。

合宿に参加するタイミング

大学生が合宿免許に参加するなら、1年生か2年生の時がよいでしょう。3年生や4年生になるとサークル活動や就職活動が忙しくなってきます。免許取得にかけられる労力も少なくなるので、1、2年生の時に取得を目指すのが良いでしょう。合宿にいくシーズンは夏休みや春休みなどの長期休暇の時が良いでしょうが、この時期は繁忙期となるので料金が高くなりやすいです。料金が安くなるのは6月頃です。この時期に休みを取るのは難しいかもしれませんが、費用を抑えて免許取得を目指すのなら検討してみてはいかがでしょうか。

長期休暇を利用して合宿での免許取得を目指そう

合宿免許はまとまった休みが必要になりますが、大学生には長期休暇があるので利用しやすいです。就活が忙しくなる前に免許取得ができると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です