友達と一緒に運転免許を取るなら合宿免許がおすすめ?

運転免許は若い学生のうちに取っておきたいと考える方も多いので、友達と取得を目指すこともあります。その場合にどんなメリットやデメリットがあるか、合宿か通学かどちらがよいかを見ていきましょう。

旅行感覚で楽しめる合宿免許

友達と一緒に運転免許を取得しようと思ったときに、まずおすすめしたいのが合宿免許の形です。教習所内やその周辺に宿泊所が設けられていることが多く、そこから教習所に通う形です。ポイントは離れた場所の教習所を利用することができるところです。今住んでいる地域が都会の場合、路上教習なども道が込み合っていて大変ですが、田舎の方であればすいている道を運転できるので比較的簡単に感じることもあります。予約もまとめて入れやすいプランになっていることが多いので、決められた日数で終了してスピーディーに免許取得ができます。

さらに、友達と一緒であれば知らないところでも不安はありませんし、旅行感覚で楽しむことができます。空いた時間に周辺を散策してみることもできるでしょう。費用面や社会状況などにより旅行をしたいけれど難しいという場合、運転免許を取得するついでであれば行きやすくなることもあります。学生のうちだからこそお友達との時間を楽しみたい方は、合宿免許を利用するとメリットが大きくなります。友達同士で申し込むと割引になるなど、教習所によってお得なプランがある場合も多いので要チェックです。

空き時間を利用するなら通学で

学校やバイトで忙しい方は、空き時間を利用して何とか運転免許を取得したいと思うこともあるでしょう。いつもの学校の友達と近くの教習所へ通う通学免許の形をとることになります。友達と通うことで励ましあいながら通えるので、自分だけでは途中であきらめてしまいがちな方には大きなメリットがあります。自宅から通えるので旅費などの負担もなく、持ち物などもその時必要なものだけでいいので、思い立ったらすぐに取り組めるのもこの形です。

友達と一緒だからこそのデメリット

友達と通うことにはメリットがありますが、デメリットも多少は存在します。まず友達との能力に大きな差がある場合です。先にどちらかが教習を終えてしまい、タイミングが合わなくなることもあります。教習の進み方によっては合宿免許の場合など先に帰ってしまうこともあるのです。励ましあったり一緒に楽しんだりするメリットは生まれにくくなるでしょう。通学の場合には忙しくてどちらかが通えなくなることも多いです。都合を合わせるのは意外と難しいものなのです。

また、合宿免許の場合は特に、教習期間中に友達との仲が悪くなるとその後の教習期間がつらいものになる可能性があります。旅行であれば取りやめて帰ることもできますが、免許取得の目的がある以上そうはいかず、つらい時間となるかもしれません。特にグループで行く場合、いじめなども起こりやすくこうしたケースも出てきます。教習期間中お互いに気持ちよく過ごせるように、普段以上に言動に気を付けていくことも必要になるでしょう。

友達と通うメリットを生かそう

運転免許取得の上で、友達と通うことには大きなメリットがあります。そのメリットを生かすことができるように、教習の形を選び、デメリットにつながらないように気を付けていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です