免許を取りたい!普通自動車免許の取得方法まとめ

憧れの車でドライブに行きたいのなら、普通自動車免許を取得していなければなりません。今回、車の運転免許の取得を検討している人に合宿をはじめとする普通自動車免許の取得方法を説明します。

普通自動車免許の取得方法は?

まず、最初は普通自動車免許を取得する方法についてご紹介します。「合宿免許」を含めて3つの方法があるので、普通自動車免許の取得を検討している人は参考にしてください。

教習所に通う

普通自動車免許を取得する方法で一般的なのが「教習所」に通うことです。決められたスケジュールに合わせて学科と技能の教習を受けます。通学の場合、免許を取得するまでにかかる日数は2ヶ月~3ヶ月程度になります。教習所によっては、平日コースや土日コースというように様々なコースを設けている所もあります。スケジュール調整ができるところなら、学校の講義に合わせて通うこともできます。

合宿で免許を取る

高校生や大学生に人気の普通自動車免許取得方法が、合宿免許という方法です。宿泊型の免許取得方法で、平均で約2週間と短期間で取得することができます。夏休みや春休みといった長期休みの期間を利用して参加することが多く、教習所に併設されている寮やホテル、旅館に宿泊して教習を受けます。離島や山の中に教習所を設けている所もあり、リゾート気分で普通自動車免許が取れます。

一発試験という方法もある

普通自動車免許には、教習所や合宿には行かずに一発試験で取る方法もあります。学科は全て自習で、実技に関しても側に練習をサポートしてくれる人がいるというのが条件になります。車について詳しいという人向きの取得方法です。

普通自動車免許の取得までの流れ

ここでは、普通自動車免許を取得までの流れについて説明をします。教習所と合宿免許、一発免許では異なる部分もあるので、車を運転したいと考えている人は、取得するまでの流れをしっかり理解しておきましょう。

教習所と合宿免許で取得する場合の流れ

教習所と合宿免許は、通学と宿泊滞在型との違いはありますが、取得までの流れは同じになります。教習所を決めて申し込みを済ませたら、オリエンテーションと適正検査を受けます。第一段階の学科と技能を受講し、実技の終了検定と学科試験をクリアすると仮免が取得できます。本免許取得に必要な第二段階の学科と技能の教習を受けて、卒業検定に合格をすると免許センターで学科試験を受けます。合格をすれば、普通自動車の運転免許が交付されます。

一発試験での取得までの流れ

一発試験では、教習所で行われる実技や学科試験を全て運転免許センターで行います。適正検査をクリアしたら、仮免の学科試験と実技試験を受けます。仮免が交付されると5回の路上教習を受講しなければなりません。学科試験と技能試験に合格をしたら、交通ルールや応急救護処置講習を学ぶ取得時講習を受けると運転免許を交付してもらえます。

普通自動車免許にかかるコストは?

お金と時間をかけないというのであれば、一発試験での免許取得になります。ただ、全て自分で勉強をしなければならないので、車の運転について自信がないと難しいでしょう。教習所に通学をする方法は、コストと時間の両方がかかる方法です。一発合格をしたとしても、運転免許交付までは2~3ヶ月は時間がかかります。合宿免許は、短期間での運転免許取得を目的としているので、教習所に通学をするよりは時間をかけずに済みます。教習費用や宿泊滞在費、現地までの交通費をセットにしたパッケージプランを設定している教習所もあり、費用面でも安く抑えられます。

普通自動車免許を取得したらできることとは?

普通自動車免許を取得すると運転免許の交付を受けた日から車があれば運転をすることができます。買い物等で自宅の近所を運転するだけでなく、旅先でのドライブも楽しめます。公共の交通機関のアクセスが良くない所でも、普通自動車免許と車があれば移動も簡単です。車の運転免許を取ることは、行動範囲を広げるきっかけになります。

普通自動車免許を取る時は取得までの流れをしっかり理解してから決めよう!

普通自動車免許の取得を検討しているのであれば、取得に必要なコストやかかる日数だけでなく免許取得までの流れもしっかり理解しておきましょう。その上で教習所を決めると充実した教習生活が送れるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です