バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinはよくわからない



バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinのことがあまりよくわからない……というのなら、まずはバシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinのコメモレーションについて知ることからスタートしてみとはいかがでしょうか。

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinのコメモレーションから、あなたはバシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinのメーカーの方針のようなものもしっかり理解することが出来るでしょう

<h2>コメモレーションとは</h2>

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinのコメモレーションとは、その年限定の記念モデルに該当するものであり、過去のデザインのオマージュ的モデルという言い方をしていいでしょう。

1985年に登場したはじめてのコメモレーションは、バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinが登場して230年が経過し、それを記念に作られたモデルです。

そもそも、コメモレーション(commemoration)には、記念するものという意味合いがあります。

正真正銘、コメモレーション(commemoration)は記念ウォッチなのです。

何に対して記念として高級腕時計が作られるのかといえば、過去のバシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinに対しての【栄誉】と言っていいでしょう。

コメモレーション(commemoration)が大した時計ではない……ということになってしまえば、バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinの過去歩き続けて来た道全部がまるで汚されてしまうような感じがしますよね。そのような意味でも、コメモレーション(commemoration)は、バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinの代表する高級腕時計でなければならないという言い方をすることが出来ます。

<h2>過去のヴァシュロンコンスタンタン作品をオマージュ</h2>

更に、コメモレーション(commemoration)は、過去のヴァシュロンコンスタンタン作品をオマージュしたものになるでしょう。

例えばバシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinのモデル230も、もちろん、過去の作品に従ったモデル・デザインです。

そして、更に、230周年記念のコメモレーション続いて、 第二弾の235周年記念モデル「ジュビリ」が華々しく登場し、多くの人たちを魅了してまいりしまた。

バシュロンコンスタンタン・VacheronConstantinでは 「コメモレーション」もほぼイベント化することになります。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です